So-net無料ブログ作成

ネオショッカー2019 [GUPPY]

 私がこのお魚を紹介したので、もう5年も前で
 2014年の夏のことである。
フルブラックメタルレース.jpg
 https://gupiyoko.blog.so-net.ne.jp/2014-07-05
 当時はまだ市場に出回ることが皆無で、笹塚のCAKUMIさんで
 発見してきたわけですが、
 私の愛するプラチナショッカーの黒バージョンの印象だったので
 “ネオショッカー”と名付けさせてもらった。
 これをその1、2年前にタイから拉致してきて流したのが
 ネオショッカー大幹部ゼネラルモンスター ニャンタさんである。
 その正体はヤモリの怪人「ヤモリジン」であるということは
 周知の事実である(まぢか?)
フルブラックメタルレース①.jpg
 メタルコブラにフルブラックを交配して作出されたことは
 どうみても明らかであるが、キレイに割れた尾筒のコブラを残した個体を
 維持し続けることはけっこう難しく、はじかなければいけないものが
 かなり多い。
 さらにその上で、尾びれに柄を持たせてカッコイイ尾びれを作ることが
 また難易度が高い。
フルブラックメタルレース②.jpg
 それでもけっこうインパクトが強かったのか、徐々に市場に流通するようになり、
 今では、「メタルブラックレース」あるいは「フルブラックメタルレース」という
 名前で見かけるようになった。
 どちらの名前が適正なのかというと、私もけっこう悩んだのだが、
 尾びれが柄が入るやつと、ブラックテールのものが混在してしまうので、
 これもどうしようか決め手に欠くので、悩みに悩んだ末に、
 まぁ、どっちでもいいやということで落ち着いてしまった(←こらーっ笑)
フルブラックメタルレース⑤.jpg
 まぁ、我が家では尾びれに柄が残るほうを優先にして、
 ネオショッカーという名前で君臨している。
 でも、上述にように、質のいい表現の魚の出現率が低いので、
 系統維持するモチベーションをキープするのが大変だったりもする。
 尾びれの柄をだすためにいろいろなレース系に混ぜてはみたのですが、
 魅力的な黒が抜けてしまったりで、今以上に良い表現にするのはなかなか
 大変なので、このあたりでゆるく続けたいと思います。
 ま、とりあえず2019 Ver.の記録としてブログアップしておこうかなと。
フルブラックメタルレース④.jpg
フルブラックメタルレース③.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。